ENERGYCO
電話:+86-025-83719363
666@energycochem.com
製品カテゴリー
お問い合わせ

TEL: +86-025-83719363

FAX: +86-025-84214930

お問い合わせ: カルバン王

携帯電話: +86-13951023282

電子メール:666@energycochem.com

追加: 816、No.99 中山路、南京、江蘇省、中国

News

アシル塩素の置換反応

ENERGYCO | Updated: Apr 03, 2018

塩化第二鉄または塩化アルミニウムなどのルイス酸によって触媒されると、アシル塩素は芳香族化合物と反応して(fu-G反応)芳香族ケトンを生成することができる。

反応のメカニズムは次のとおりである:同様の反応は、ルイス酸の作用下で塩化アシルとオレフィンとの反応によって生成されるネニツェスク反応(またはネニシェスク反応)である。 この機構は、カルボニルアルファ水素が非常に活発であるので、炭素陽イオンの形成に前電気付加によってアシルカチオンが最初に生成し、オレフィンが発生するため、プロトンの除去によって不飽和ケトンが得られる。

アシル塩素と過酸化ナトリウムはベンゾイルパーオキサイド化合物を生成し、過酸化化合物は過酸化物結合を含み、熱または照明の下で不安定な過酸化物アシルが分解し、CO2を放出し、フリーラジカルを生成するラジカル反応開始剤。 ベンゾイルパーオキサイドは、融点が103-106℃の白色結晶性粉末です。 それは水にわずかに可溶性であり、エーテル、アセトン、クロロホルムおよびベンゼンに良好な溶解性を有する。 この物質は引火性であり、叩かれたり、加熱されたり擦られたりすると爆発し、激しく反応し、硫酸と接触すると火傷することがある。 過酸化ベンゾイルは、ゴム加硫剤、石油精製、粉漂白、繊維漂白などに使用されています。


ENERGYCO